スタッフブログ

むかえる

2021年4月20日

こんにちは。設計の高倉です。

仕事から帰ってきたとき、住まいがいい雰囲気でむかえてくれると幸せですよね。

私たちの暮らす地域は車を2、3台所有する家も多く、車の存在のみ目立つファサードになりがちです。最近、間口の狭い敷地条件が増えてきて、まるで駐車場のような街並みを目にするたび、少し残念な思いをいだきます。



この住宅では9.5mの間口に自家用車2台をインナーガレージに納め、来客用2台を前面に配しました。

間口のほとんどをガレージスペースに割く為、家の顔がシャッターしか見えない設計にならないようにシャッターとベースの外装色を整え、アクセントに色味の強いタイルとジョリパッドを配しました。



住宅部分へとつながるアプローチは「路地」をテーマとし、植栽を正面のシンボルツリーから奥のポーチまでつなげ上質な雰囲気をめざしました。

今は冬越えしたばかりのシンボルツリーの小さなアオダモも2、3年すれば大きく育ち沢山の緑をつけ、訪れる人をむかえ、街並みにも貢献してくれるのが待ち遠しいです。

路地を抜け、玄関戸を開くと正面にシャラの木がむかえてくれます。

帰ってきて、自宅を目にして安堵し、路地を通り玄関に入るころには気分も切り替わり穏やかな気持ちで家に入る。そんな日常をT様ご家族に過ごして頂きたいと心から願っております。



T様。インナーガレージから路地を通らなくても玄関には入れますが、天気に良い日は是非、路地経由で!( ´∀` )

  |  トピックス一覧  |