スタッフブログ

【中庭のあるワンフロアの家⑥ ー内部木工事編ー】

2021年1月9日

営業の津野です。

 

以前からブログでご紹介させていただいております富山市の建築現場ですが、只今木工事進行中です。

 

まずは断熱材についてのご紹介ですが、今回、こちらのお宅の断熱材はセルースファイバーを採用しております。

 

セルロースファイバーとは、天然繊維(パルプ)で出来た断熱材の一種です。新聞紙等をリサイクルして作る再生品であるため、住む人と地球環境にやさしいエコロジーかつ高性能な断熱材と言われています。新聞紙等を裁断・攪拌し、難燃剤としてホウ酸を添加して作ります。

 

パルプ繊維の持つ大小様々な隙間に、様々な太さのパルプ繊維が絡みあう事で細かい空気の層が形成されています。さらに防火性能を高めるために配合したホウ酸の効果で、シロアリやゴキブリ等の害虫も寄せ付けません。

 

 

そして、床材を張っていきます。銀色のパネルは床暖を採用されていますので事前に施工してあります。

 

 

今回の床材は5枚に一回ほどの間隔で、床材の伸縮を考慮してゲージを入れて微妙に調整しながら張り込んで行くそうです。(大工さん談)

 

外部では外壁材を張り始めております。

 

 

 

順調に進行中です!

  |  トピックス一覧  |