スタッフブログ

防災意識

2018年7月19日

弊社のブログを見ていただいております皆様、こんにちは。

さて、中国・四国地方を中心とした大災害では、多数の方がお亡くなりになり、謹んでお悔やみを申し上げるとともに、今も行方不明になっておいでの方々には少しでも早く見つかってほしいと、ただただ願うばかりです。

TVで見ておりますと、「まさかこんな事が起きるなんて」とか「うちは大丈夫だと思ってた」とか、そういった危機感がない中で、大きな災害となってしまい、また、足の不自由な高齢者の方は、家の中に水が浸水してきても、2階に避難することができずに亡くなられたという悲惨な状況等がわかってきています。

災害はいつ起こるかわからないですよね。危険予知はしていても意外とこれくらいはと思ってしまいますよね。

経験がありますと、それに基づき事前の準備をしておく、緊急の時の対応がしやすい等、アクションがとりやすいですが、なかなか経験していない、できない、したくないってところでしょうか。

各地域で防災訓練などをする中で防災意識を高める事が大切ですよね。以前に防災士の資格をとるため、名古屋で研修をしてきた時、富山の防災意識より東海地方の方々のその意識はかなり上で、これが本来の姿なのかと感心をさせられた事が思い出させられた今回の災害でした。

みなさん、ここ富山はおおきな災害もなく安心感のある地域ではありますが、いざ、災害が起きたときの行動を考えらえた事がお有りでしょうか。

地域のみなさんと、会社のみなさんと、ご家族のみなさんと、そういった事を一度考えられてみては如何でしょうか。

 

建築事業部 営業課 井波

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  |  トピックス一覧  |