スタッフブログ

黒部ダム

2020年7月4日

久し振りの投稿となります。

先日、立山黒部アルペンルートが再開し、生まれて初めて立山室堂の向こう側(富山県民目線で)『黒部ダム』へ行ってきました。室堂までは何回も訪れていたのですが、その先の写真や映像でしか知らない世界は、一度は訪ねるべき場所でした。

世に素晴らしい写真はたくさんありますが、自分の目で見た黒部ダムの写真を載せますね。順に、黒部湖とダムえん堤それから、ダム放水シーン、そして上部よりさらに落下していく水流とそこから流れていく黒部川の姿です。

①黒部ダムとえん堤

②ダム放水シーン

③えん堤より放水を上から覗く(カメラを落とすかもしれないと怖々撮影)

④放水された水の迫力

⑤黒部川へと流れて行きます。

 

新型コロナウィルスの感染拡大防止対策として、各乗り物(高原バス・トロリーバス・ロープウェイ・ケーブルカー)は乗車定員をかなり絞っての運行で、こちらは快適に過ごせたのは良かったのですが、経営的には大変だろうなと思いました。(しかも翌日には、約3時間も停電の被害があったようです)

そして、この記事を書いている今日熊本県で大雨特別警報が発令され、市房ダムが緊急放流されるかもしれないと報道されました。今回の黒部ダムで見た放水はあくまでも観光放水でしたが、万が一ダムの水位が上がって放流となった場合、下流の地域への影響はいかがばかりかと感じました。今は、目に見えない新型コロナウィルスへの警戒と自然災害の脅威、どちらも人の力で封じ込むことは容易ではありません。被害にあわれた方々へはお見舞いを申し上げると共に、これからも自然と上手く共存できる日常に早く戻る日を願うばかりです。

以上、亀でした。

  |  トピックス一覧  |  
  • チューモク常設展示場 フリーダイヤル:0120889791
  • パソコンからのお問い合わせ